神奈川県横浜市青葉区(東急田園都市線 市が尾駅)|外科 内科 整形外科 泌尿器科 形成外科 リハビリテーション科|市ケ尾病院

HOME > 外来診療 > 呼吸器内科 > 睡眠時無呼吸症候群

呼吸器内科 : 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群について

SAS表紙
睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。Sleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、「SAS(サス)」とも言われます。

医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸です。寝ている間の無呼吸に私たちはなかなか気付くことができないために、検査・治療を受けていない多くの潜在患者がいると推計されています。


この病気が深刻なのは、寝ている間に生じる無呼吸が、起きているときの私たちの活動に様々な影響を及ぼすこと。気付かないうちに日常生活に様々なリスクが生じる可能性があるのです。

 
当院では、睡眠時無呼吸症候群の簡易検査から精密検査、治療にいたるまでを一貫して対応しておりますので、下記のような症状が見受けられる方は、当院の呼吸器内科をご受診ください。
 
・毎晩、大きないびきをかく。  ・昼間、眠くなることがある。
・朝起きたとき、寝たはずなのに疲れが残っている感じがある。
・若いころより、体重が増えて、顔つきが変わった。        など
 
 
当院の睡眠時無呼吸症候群に関する検査や治療は帝人在宅医療株式会社と提携して実施しております。同社が提供されております下記サイトにおいても、病気の詳細や治療方法などについての情報を公開されておりますのでご参照ください。
睡眠時無呼吸なおそう.com (外部サイト)

このページのトップへ

診察時間

受付時間

月~金曜
8:30~11:30
13:30~16:30
土曜
8:30~11:30

診療時間

月~金曜
9:00~12:00
14:00~17:00
土曜
9:00~12:00

(土曜午後・日曜・祝日 休診)

交通・アクセス