神奈川県横浜市青葉区(東急田園都市線 市が尾駅)|外科 内科 整形外科 泌尿器科 形成外科 リハビリテーション科|市ケ尾病院

HOME > 外来診療 > 消化器内科 > 過敏性腸症候群

消化器内科 : 過敏性腸症候群

過敏性腸症候群について

過敏性腸症候群というのは、主として大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称です。CTスキャンや内視鏡検査などで異常がないにも関わらず、腹痛と便秘や下痢が起こる病気のことです。
症状は主に便通異常で、不安定型、慢性下痢型、分泌型の3つに分けられます。
不安定型は腹痛や腹部の不快な感じがあり、下痢が数日続いたと思うと、今度は便秘が数日間持続するといった状態を繰り返します。交代性便通異常とも呼ばれ、おなかが張って苦しく、便意はあるが出ないという厄介な便秘です。また、出るときはウサギの糞のようなコロコロした小さな便の出るのが特徴です。
慢性下痢型は、ちょっとしたストレスでもすぐトイレに行きたくなり、軟便や水様便になるので神経性下痢とも呼ばれています。
ヒドイ人はいつどこで便意を催すかもわからなく、トイレのついていない中距離列車には不安で乗れないし、会社に出勤する途中でも頻回にトイレに立ち寄らなければならないという人もいます。休日など家でのんびりしているときは、排便も正常に戻っていることが多いのが特徴です。

分泌型は、強い腹痛に続いて大量の粘液を出します。

大腸の運動機能を調節している自律神経に異常があったり、精神的な不安や緊張、興奮、悲しみや怒りなどの感情の起伏や、仕事や対人関係の悩みなどがストレスとなって症状があらわれます。
 以上のように精神的なストレスや、食生活の乱れによって起こる場合が多いので、精神的に不安定な状態を解消し、ストレスの原因となっているものをはっきりさせて、これを取り除くことが大切です。食生活の改善や生活習慣の改善など、自分自身による、生活の管理が大切です。また排便コントロールも大切になってくるため、過敏性腸症候群に対する治療薬だけでなく、下剤や下痢止め、抗不安薬など、色々組み合わせた治療が必要になります。そのため消化器内科だけでなく、精神科と連携しながら治療を行うことも多々あります。

このページのトップへ

診察時間

受付時間

月~金曜
8:30~11:30
13:30~16:30
土曜
8:30~11:30

診療時間

月~金曜
9:00~12:00
14:00~17:00
土曜
9:00~12:00

(土曜午後・日曜・祝日 休診)

交通・アクセス